SMBCグループ ハイライト

戻る

財務ハイライト

親会社株主に帰属する当期純利益

連結粗利益及び親会社株主に帰属する当期純利益の2014年度から2018年度までを表すグラフです。親会社株主に帰属する当期純利益は7,267億円です。

年度後半のマーケット環境の悪化により、リテール事業部門の資産運用ビジネスが苦戦した一方、グループ全体の成長を牽引する国際事業部門が引き続き堅調に推移し、2018年度目標の7,000億円を上回りました。

ROE*

株主資本を分母に算出したROEの2014年度から2018年度までを表すグラフです。2018年度はROE8.2%です。

中期経営計画を着実に推進し、親会社株主純利益が目標を上回り順調であったことから、中期経営計画の財務目標で掲げる「7〜8%程度」を上回りました。

  • *株主資本を分母にして算出

経費率

経費率の2014年度から2018年度までを表すグラフです。2018年度の経費率は60.3%です。

相対的に経費率の高い関西アーバン銀行・みなと銀行の非連結化による影響に加え、グループベースでコストコントロールに継続して取り組んでおり、前年度に続き、中期経営計画で掲げた2016年度(62.1%)比1%程度改善という目標を下回る水準となりました。

普通株式等Tier1比率*

普通株式等Tier1比率の2015年3月から2019年3月までを表すグラフです。比率は、バーゼルIII完全実施基準です。2019年3月の普通株式等Tier1比率は16.37%です。

利益剰余金の積み上がりにより普通株式等Tier1資本が増加したほか、三井住友ファイナンス&リースの非連結化を主因にリスクアセットが減少したことから、前年比1.87%上昇しました。

  • *バーゼルIII完全実施基準

普通株式1株当たり配当金

1株当たり配当金の2014年度から2018年度までを表すグラフです。2018年度の1株当たり配当金は180円です。

中期経営計画の施策が順調に進捗し、親会社株主純利益が業績目標を上回ったことを踏まえ、前年度実績および公表予想から10円の増配となる、1株当たり180円としました。

外部格付(2019年6月末現在)

外部格付(2019年6月末現在)を表す表です。持株会社、長期、短期。Moody's、A1、P-1。Standard & Poor's、A−、―。Fitch Ratings、A、F1。格付投資情報センター(R&I)、A+、―。日本格付研究所(JCR)、AA−、―。三井住友銀行、長期、短期。Moody's、A1、P-1。Standard & Poor's、A、A-1。Fitch Ratings、A、F1。格付投資情報センター(R&I)、AA−、a-1+。日本格付研究所(JCR)、AA、J-1+。

ESGハイライト

社外からの評価

日本経済新聞社が働き方改革を通じて
生産性を高め、持続的に成長する先進企業を表彰する
「第2回日経Smart Work経営調査」で4つ星を取得。

Smart Work経営調査

経済産業省が特に優良な健康経営を
実践している法人を顕彰する
「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に3度選定。

健康経営優良法人(大規模法人部門)

経済産業省・東京証券取引所が
女性活躍推進に優れた上場企業を共同選定する
「なでしこ銘柄」に4度選定。

なでしこ銘柄

経済産業省・東京証券取引所が中長期的な企業経営の
視点から企業価値向上や競争力強化に結び付く
戦略的な「攻め」のIT投資を実践している上場企業を
選定する「攻めのIT経営銘柄2019」に選定。

攻めのIT経営銘柄2019

国内外のイニシアチブへの賛同

SMBCグループは、グローバル社会の一員として、金融機関の持つ社会的影響力を踏まえ、以下のような国内外のイニシアチブ(企業活動の行動指針・原則)に賛同しています。

WE SUPPORT
UNEP
21世紀金融行動原則
CDP(TM)
EQUATOR PRINCIPLES
TCFD
WEPs

Environment

再生可能エネルギー関連のプロジェクトファイナンス

風力、太陽光、バイオマス、水力、地熱 49件、年間CO2削減量 20,122千t-CO2

CO2 排出量(床面積当たり)

2015年度から2018年度までを表すグラフです。2018年度は104t-CO2/千平方メートルです。
  • 注:2018年度は速報値。

Social

育児休業取得者数(男女合算)

2014年度から2018年度までを表すグラフです。2018年度は3438名です。

女性管理職比率

2016年3月から2019年3月までを表すグラフです。2019年3月は24%です。
  • 注:集計対象は三井住友銀行。

海外拠点の部店長ポストにおける現地採用従業員の比率

2017年6月から2019年4月までを表すグラフです。2019年4月は34%です。
  • 注:集計対象は三井住友銀行とその主要関係会社の海外拠点。

障がい者雇用率

2015年度から2018年度までを表すグラフです。2018年度は2.47%です。
  • 注:各年度の3月1日時点の数値、集計対象は三井住友銀行。

Governance

取締役会、執行役および取締役の職務執行の監督に注力

取締役会の構成

取締役の人数17名から15名、非執行取締役10名67%

社外取締役比率の推移

2014年6月から2019年6月までを表すグラフです。2019年6月は47%です。

ESG インデックスへの組入

SMBCグループは、世界の主要なESGインデックスの構成銘柄に多数組み入れられています。(2019年6月末時点)

ESG インデックスへの組入
チスクネヒラネヒーョハモニオエネォ-チスネヒラネヒーョキムハモニオハヤソエ